無料オンライン英語学習ブログ GAROW

英語初心者のための無料オンライン英語学習ブログ。英会話教室で働いている管理人Kazuが自身の英語学習の道のりをオンライン紹介することで、あなたにより効率的な英語学習を無料で提案します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よく使う単語 動詞 beat

よく使う単語 動詞 5 beat

今回の単語は beat です。
基本概念は “to strike again and again” です。
日本語では、繰り返し打つという意味です222バシバシ

ここから「悩ます」とか「打ち負かす」という意味になります。
しっかりとイメージできていないとこの日本訳の意味にたどり着けないですね12


[一緒に覚える派生品詞]
不規則な活用の形なので、一緒に覚えちゃいましょう。
beatbeatbeaten(原形・過去形・過去分詞の順)
他にも「打つ」という意味で hitstrike などもあるので
違いを調べてみてもいいかもしれません219

[覚えておきたい句]
Beats me.
  I don't know. と同じ意味で「わからない」です。
いつも同じ相づちで答えるのではなく、たまには違った返答をしてみましょう433

beat the time
時間に打ち勝つ→「時間を有効に使う」ということです。

beat one's brain
直訳で「脳を悩ます」なので、
そのまま「考え込む」や「頭を悩ます」となりますね。

beat one's head against the wall
直訳では「壁に頭を繰り返し打つ」ですが、
失敗した人がこのようなことをしていたらあなたはどう思いますか361
そうですね。
無駄なことをする」という意味です。

beat it into one's head
日本語と同じ表現で「頭にたたき込む」です。

beat the drum for ~
太鼓を打ち鳴らす様=注目を集めるという意味から比喩的に
宣伝する」、「勧める」といった意味になります。


英語にはこのように比喩的に例える表現が多いです。

日本人との会話でも表現の仕方で話す人の魅力が変わるように、
会話に慣れてきたら、同じ意味でも違う表現があるのか調べるのもいいですね

今日も自分なりの文を作ってみましょう91

これからもGAROWで学習することで beat the time しましょう!
応援お願いします。
  にほんブログ村 英語ブログへ  人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

タ グ:無料 オンライン 英語 学習

コメント

KAZU様
 今日の応援完了です。頑張ってくださいね。

  • 2009/06/03(水) 00:48:31 |
  • URL |
  • シュサイ #-
  • [ 編集 ]

勉強になりました。

kazuさん、英語がにがてな私、これから毎日、拝見させていただきます。今日のブログ、わかりやすく説明してあり、読みやすかったです。あんまり長い文章ダメですよ。

安西さん

訪問&コメントありがとうございます。
そうですよね。
あまり長くなりすぎないように簡潔にまとめれるような努力をしますね☆
共にがんばりましょう!
Gor for it!

  • 2009/06/03(水) 14:48:59 |
  • URL |
  • Kazu #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://growtogether.blog116.fc2.com/tb.php/51-dbb0f482
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad


copyright © 2017 無料オンライン英語学習ブログ GAROW all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.

美容に最大の効果!★プラセンタ&酸素濃縮機★ 美容・美肌に最大の効果!馬<サラブレット>プラセンタ
効果的なダイレクトマーケティング方法と情報 良い人間関係を築く、話し方やコミュニケーション能力テクニック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。